最新の投稿

日本のカジノ法について知っておくべきこと

カジノ法

日本では、さまざまな規則や政策が導入されて、長年にわたってギャンブル法が改正されてきました。プロセス上はいくつかの問題が見られましたが、最終的には努力が実を結んでいるようです。政府はオンラインギャンブルの宣伝に力を入れていますが、他のギャンブルプラットフォームにも目を光らせています。法律全体をきちんと理解するために、日本のカジノ法について知っておくべきことをまとめてみました。

合法的なフレームワーク

これまでとは異なり、日本は統合カジノリゾートにおけるギャンブルを管理並びに促進するフレームワークを持つことになります。そのためまずは、国は30%のゲーム税を支払う事となる3つのカジノライセンスを考えています。海外からの訪問者は無料で入場できますが、日本人は手数料として一定額を支払う必要があります。それとは別に、日本人の入場は週に3回、それと合わせて月に10回までに制限されます。

法律

リゾートと大阪

法律が制定された時に誰もが頭に浮かべた質問は、カジノのことでした。カジノがどこに作られるのか、そして政府が協力を予定するディーラーがどの会社になるのかに、誰もが関心を寄せていました。大阪にそのヒントがあるようです。そうです。大阪は2025年の万国博覧会を主催するため、主要な候補者と見なされていました。興味深いことに、MGMグランドはすでにライセンスの1つについて政府との協議を行っています。3つのライセンスのうち1つは大阪に行くでしょうが、その後に東京と横浜が続くのではないかと考えられています。

ビジター

このように法律が整っている場合、どのような人がカジノを訪れるのかという推測が始まるものです。ギャンブルには国際的に人を引き付ける魅力がありますが、日本の法律は米国ほど柔軟ではないため、日本での状況は異なるものとなる可能性があります。ですから、地元の人よりも外国人が多く訪れるだろうという結論に至るかもしれません。しかし、その推定は正確ではないと見られています。ゴールドマンサックスは、訪問者の約57%が日本人になると予測しています。

賭博

重要性

これらの法律があればギャンブル業界は恩恵を受けることになり、これを祝うべき理由はたくさんあります。日本の観光セクターは、ここ数年で大きな成長を遂げています。カジノがなくてもその成長が続くとしたら、カジノがある場合にそれがどれだけ伸びるのかを想像できるでしょう。市場の可能性を検討することにより、専門家はこの市場がマカオに近い規模のものとなる可能性があることを予測しています。